06:59 2020年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 60
でフォローする

新型コロナウイルス感染症患者の死亡リスクに影響を与える新たな因子が見つかった。入院時の患者の体温の一定範囲からの逸脱が、高い死亡リスクと相関していることがわかった。学者たちの研究がサイトBMC Medicineに掲載された。

学者たちは7614人の病気の経過を分析した。患者の入院時の体温とその後の病気の経過の関係が調査された。

結果、入院時の体温が40度以上だった患者の42%、および体温が35.5度以下だった患者の44%が最終的に死亡した。

学者たちは、体温の追跡は新型コロナウイルスに感染した患者に起こり得るリスクの予測を可能とする重要な非侵襲的方法だとの考えを示している。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

 スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
病気, 研究, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント