09:15 2020年10月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
筆者 :
0 30
でフォローする

デング熱の感染者は、新型コロナウイルスに対して一定の免疫を持っている可能性がある。ロイター通信が、米デューク大学ミゲル・ニコレリス教授が主導した正式発表前の研究を引用して報じている。

研究でニコレリス教授は、新型コロナウイルスとデング熱の流行の地理的分布を比較。その結果、新型コロナウイルスの感染率が低く、感染者の増加ペースが緩慢な地域は、2019〜2020年にデング熱が大流行した地域と重なったという。

同教授によると、この仮説が正しければ、デング熱の感染またはデング熱ワクチンによる予防接種によって、新型コロナウイルスに対する一定の免疫学的な防御が生成される可能性がある。

ニコレリス教授は、デング熱の回復者がコロナ抗体検査で偽陽性の判定が出るという過去の研究結果を指摘。同氏によると、この研究結果はこの2つのウイルスがそれぞれ異なる科(デングウイルスはフラビウイルス科、新型コロナはコロナウイルス科)に属しているにもかかわらず、免疫学的な相互作用があることを示している。

デング熱は、吐き気や頭痛、筋肉痛、関節痛、発疹、リンパ節の腫脹を特徴とする急性のウイルス性疾患。発症から通常2〜7日ほどで回復する。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント