15:29 2020年10月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

新型コロナウィルスに感染したドナルド・トランプ米大統領は、10日土曜日の公的行事に復帰できる見通しである。トランプ氏の主治医ショーン・コンリー医師が明らかにした。

ホワイトハウスが発表した覚書の中で、コンリー氏は「トランプ氏が先週の木曜日にコロナ陽性と診断されてから、土曜日で10日が経つ。大統領が指定された公務に無事に復帰できると私は確信している」と述べている。

さらに、コンリー氏によれば、トランプ氏には病気の進行を示す兆候もないという。コンリー氏は「トランプ氏の治療に対する反応は極めて良好であり、検査の結果を見ても、病気が悪化する兆候はまったくない」と締めくくった。

トランプ氏夫妻の感染は10月2日に明らかにされた。ホワイトハウスのマーク・メドウズ米大統領首席補佐官は、トランプ氏は熱が上がり、血液中の酸素濃度も急激に落ちたことを明らかにしていた。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, 新型コロナウイルス, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント