13:06 2021年01月17日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 71
でフォローする

ロシアで新型コロナによる死亡率が低いのは国内の保健システムが感染者の適時の入院に成功していることに起因している可能性がある。ロシアのラジオ局「コムソモリスカヤ・プラウダ」のインタビューで世界保健機関(WHO)のロシア代表メリタ・ブイノビッチ氏が解説した。

同代表は、ロシアは、(WHOのデータでは)感染者数が世界で4番目に多いが、死亡率は非常に低いレベルにあるとコメントした。

同氏によれば、こうした数字は、「保健システムが患者の入院や看護、治療に関する多くのケースに対応できていた」ことに関連しているという。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ロシア, ワクチン, WHO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント