01:52 2021年06月23日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 71
でフォローする

ロシア開発の新型コロナウイルスのワクチン「スプートニクⅤ」はイランで行っていた承認申請で受理された。同国のモハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外相は26日、こうした声明を表した。

ザリーフ外相は、スプートニクⅤは衛生管理省庁での承認が終了しており、近いうちにもロシア、イランの相応の研究所が参加し、共同生産が開始されることへの期待を表している。

ロシアの「スプートニクⅤ」ワクチンは世界ではすでに ベラルーシ、アルゼンチン、アラブ首長国連邦、ハンガリー、セルビア、ボリビア、アルジェリア、パレスチナ、ベネズエラ、パラグアイ、トルクメニスタンで承認が下りている。

これより前、ロシア直接投資基金はEUでの「スプートニクⅤ」の承認申請を出している。

関連ニュース

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス, イラン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント