03:02 2021年04月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
新型コロナウイルスの新たな変異種 (32)
0 82
でフォローする

北海道大学や東京大学などの研究チームが、昨年12月初旬には国内に新型コロナウイルスの変異種が存在した可能性があると発表した。同チームは詳細について調査を行なっていることを明らかにした。

発表によれば、同研究チームは、昨年4月以降、国内各地の下水を採取し、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を調査していたが、昨年12月初旬に国内で採取された下水から変異ウイルスの遺伝情報を検出した。この変異種は英国や南アフリカで確認されているものと同じ「N501Y」とされる。

日本国内で変異ウイルスの感染拡大が確認されたのは昨年12月25日であることから、研究チームはこの確認以前に国内に感染者が存在していた可能性を指摘している。

研究チームは、この下水を採取した都市の名前を公表しておらず、また、変異種が海外から持ち込まれたものであるかは現在のところ不明だとしている。

この間、新型コロナウイルスの変異種の拡大が各国で確認されていると報じられている。変異株「501Y.V2」は58ヶ国で拡大し、「VOC 202012/01」はすでに111ヶ国で確認されている。また、現在「P.1」は32ヶ国で感染が広がっている。

また、研究者らは、「初期」の新型コロナウイルス感染者が新しい菌株に感染する可能性について指摘をしている


コロナウイルスの新しい菌株に関して明らかになったことについては、こちらからご覧ください。

トピック
新型コロナウイルスの新たな変異種 (32)
タグ
科学研究, 日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント