05:41 2021年07月31日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 12
でフォローする

世界保健機関(WHO)はコロナウイルスのmRNAワクチン製造技術移転センターを 南アフリカ共和国に設立するために地元のコンソーシアムとの間に交渉を開始した。WHOのテドロス・アダノム事務局長が21日のブリーフィングで明らかにした。

「WHOが南アフリカに技術移転センターを設立するために、企業や機関のコンソーシアムと協議していることを発表でき、うれしく思う。コンソーシアムにはAfrigen Biologics & Vaccines社が含まれている。同社はmRNAワクチンを自ら製造し、Biovac社の製造者をトレーニングすることで、センターとしての役割を果たす。Afrigen社はいずれはアフリカやその他の地域のメーカーにもトレーニングが提供できるだろう」事務局長はこう述べている

アダノム事務局長は、また、WHOは現在、同mRNA技術をセンターに興味を示した数社の企業と交渉が行われていると語った。

南アフリカ共和国のシリル・ラマフォサ大統領も今回の取り組みについて、ワクチンの開発・製造能力の向上に向けた大きな一歩とよんでいる。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, WHO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント