03:33 2021年08月06日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 17
でフォローする

イスラエル保健省は、国内での新型コロナウイルスワクチン接種効果に関するデータを公表した。それによると、大多数のイスラエル人に接種された米ファイザー製ワクチンの有効性は、1カ月で30%低下したことがわかった。これは新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」が原因の可能性があるという。タイムズ・オブ・イスラエルが報じた。

イスラエル保健省によると、同国では5月、ファイザー製ワクチンの有効性は94%だったが、6月には64%に低下した。同省は有効性の低下を「デルタ株」の拡大と関連づけている。

一方、イスラエル保健省は、ファイザー製ワクチンは依然として大多数の重症化と入院を防いでいると指摘している。

ハダサ大学医療センターは、ファイザー製ワクチンについて、「デルタ株」に対する感染予防効果は60〜80%だと発表した。一方、専門家らは、重症化を抑制する効果ついて結論を出すのは時期尚早だとしている。専門家らはイスラエル国民に対し、デルタ株の感染者増加を止めるため、すべての安全対策を遵守するよう呼びかけた。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
Pfizer, イスラエル, 新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント