21:30 2021年10月16日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 13
でフォローする

1回の接種で済む新型コロナウイルスワクチンを開発した米国のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は21日、1回目の接種から2カ月後に追加接種(ブースター接種)をした場合、抗体の量は4~6倍に増え、6ヶ月後に追加接種をすると9~12倍に増えると発表した。

CNBCの報道によれば、J&Jの米国における試験では、最初の接種から2ヶ月後に追加接種を行った場合、94%の感染予防率という結果が出た。

一方でJ&Jのワクチンの初回接種後の耐性は79%、また入院を必要とする重症化を防ぐ確率は81%となった。

J&Jは初回接種から6ヵ月後にブースター接種を行うと、年齢に関係なく、接種後1週間で9倍、その後4週間で12倍に抗体値が上昇することが確認されていると発表している。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント