10:58 2021年10月18日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 38
でフォローする

米スタンフォード大学とノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究者らは、3Dプリントでワクチンパッチを作成した。このパッチは、注射器によるワクチン接種よりも高い保護効果を示すという。

従来のワクチンパッチと大きく異なる点は、パッチの裏に3Dプリントで作られたニードル(針)があること。パッチを皮膚に貼り付けると、この針が皮膚に刺さり、ワクチンを体内に届ける仕組みになっている。

この研究を率いたジョセフ・M・デサイモン氏は、「この技術の開発により、低用量でワクチンを投与できるようになる他、(注射器による)痛みは起きないし、不安になることもなくなる。ワクチン産業の開発速度をより上げていくための基礎を築くことができると期待している」と述べている

このワクチンパッチを用いることで、簡単にワクチンを投与できる他、保護効果が高く、従来の注射による痛みもない。さらに、自分で投与することも可能となる。

研究者らは現在、この技術を利用してファイザー製とモデルナ製の新型コロナワクチン接種用にすぐに使える製品の開発に取り組んでいる。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ワクチン, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント