13:45 2018年11月21日
マリリン・モンロー出演作の失われた「ベッド」シーン発見

マリリン・モンロー出演作の失われた「ベッド」シーン発見【写真】

© 写真: Metro-Goldwyn-Mayer (1961)
文化
短縮 URL
0 20

歌手で女優だったマリリン・モンローに関する未発表の伝記の著者、チャールズ・カシージョ氏が、裸のモンローが出演した映画『荒馬と女』の失われたシーンの運命を明らかにした。デイリー・メール紙が伝えている。

スプートニク日本

編集の際に切り取られた場面は長い間、紛失されたものと考えられてきたが、同作品のプロデューサーの息子が1961年から金庫で保管していたことが判明した。

このエピソードは45秒間続く。同場面では、マリリン・モンローと俳優のクラーク・ゲーブルがベッドシーンを演じている。そのうえゲーブルは完全にきちんと身なりを整えていて、モンローはシーツをおろして裸のままでいる。このシーンは、モンローが映画で完全に服を脱いだ始めてのもの。

関連ニュース

モスクワにある世界絵画の傑作女性ヌード 8選

マリリン・モンローが死んだ邸宅が8億円で売却【写真】

タグ
文化, 映画, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント