20:57 2018年11月17日
オードリー・ヘップバーン

若きオードリー・ヘップバーンがレジスタンス運動

© AFP 2018 / HO
文化
短縮 URL
0 40

『ローマの休日』『ティファニーで朝食を』などの名作で有名な女優のオードリー・ヘプバーンは第2次世界大戦中、オランダのレジスタンス運動と密接なかかわりがあったことが、作家ロバート・マッツェン氏の著作『オランダの少女、オードリー・ヘップバーンと第2次世界大戦』で明らかにされた。英字雑誌『ページ・シックス』が報じた。

スプートニク日本

オードリー・ヘップバーンといえばハリウッドの黄金時代の名優たちのリスト、「映画スターベスト100」で3位を占め、根強い人気を誇る名女優。そのオードリーは戦争が始まったとき10歳だった。

1939年、オードリーは母に連れられて英国を離れ、オランダへ移住する。移住は安全を求めての決断からだったが、そのオランダも1940年にナチスドイツに占領された。

オードリーは占領下のオランダで、英国で習い始めていたバレエを踊り、レジスタンス運動のための費用を集めていたことが、今回出た本で明らかにされた。

オードリー・ヘップバーンは『麗しのサブリナ』でアカデミー賞を受賞した。人生の後半は63歳で死去するまで、国連児童基金(ユニセフ)の仕事に捧げた。

関連ニュース

ノーモア陰謀論 ヒトラー死亡の正確な時間が特定される

ソ連のスパイに関するドラマが、TCA Awardsの3部門を受賞ы

タグ
第二次世界大戦, 歴史, 文化, 映画
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント