19:54 2019年06月25日

エルミタージュ美術館で猫フェス

© Sputnik / Aleksander Galperin
文化
短縮 URL
0 40

「猫の日」フェスティバルが25日にエルミタージュ美術館で始まる。これはエルミタージュ美術館で飼われている猫を記念したイベントで、2日間にわたって開催される。

スプートニク日本

エルミタージュ美術館の猫については様々な伝説が飛び交っており、もはや猫のいないエルミタージュは想像できないほど、「美術館の一部」となっている(ピオトロフスキー館長)。

フェスティバルは正午にスタートし、「冬の宮殿」で国際絵画コンクールの授賞式が開かれるほか、猫関連のイベントが多数開催される。

エルミタージュ美術館の猫はそのルーツをたどると、18世紀初頭にまでさかのぼる。時の皇帝ピョートル1世がオランダから持ち帰った猫を「冬の宮殿」で飼いだしたことが始まりだ。その後、エリザベータ女王が「猫を中庭に住まわせる令」を出したほか、エルミタージュ美術館の創設に貢献したエカテリーナ2世は「回廊警備官」の地位を猫たちに与えた。

現在、エルミタージュ美術館ではネズミ被害の対策用として50匹から60匹の猫が飼われている。

関連ニュース

エルミタージュ​の猫​ ヴェネツィア・ビエンナーレに参加

 

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント