17:05 2019年10月16日
アカデミー賞

アカデミー賞2020 国際長編映画賞部門は最多のノミネート 日本とロシア作品が出揃う 

© AP Photo / Chris Pizzello
文化
短縮 URL
0 10
でフォローする

翌2020年に開催のアカデミー賞の国際長編映画賞部門にすでに80本以上の作品がノミネートされ、これは史上最多の応募作品数になると見ている。米エンタメ系メディア「The Wrap」が報じた。

報道によると、2020年の応募作品数は今までの記録を更新するとみられている。昨2018年は87本、一昨年の2017年は92本の外国語作品がノミネートされた。

今回はソ・ガンホ監督の(韓国)『パラサイト 半地下の家族』とペドロ・アルモドバル監督(スペイン)の『痛みと栄光(英訳:Pain and Glory)』が受賞のチャンスが大きいとみられている。

​この2作品は今年5月に行われた第72回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した。『痛みと栄光』に出演の俳優アントニオ・バンデラスさんもカンヌ祭で男優賞受賞の受賞しており、こちらもアカデミー賞でも注目されると予想されている。

​アカデミー国際長編映画賞部門の日本代表作品は、今年7月19日に公開された新海誠監督の『天気の子』。この作品のロシアでのプレミア上映予定は10月31日。

​ロシア代表作品は、今年のカンヌ国際映画祭で「ある視点監督賞」を受賞したカンテミール・バラゴフ監督(28)の戦争映画『のっぽ』。『のっぽ』は、第二次世界大戦後の荒廃したレニングラードに戻り、穏やかな新生活を始めようと勤しむ2人の若い女性を描いた物語だ。

​第92回アカデミー賞は2020年2月9日に米ロサンジェルスで開催される。

関連ニュース

『ツイン・ピークス』を手がけたデヴィッド・リンチにアカデミー名誉賞

タグ
映画, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント