05:32 2019年12月06日
モーツァルト

13歳当時のモーツァルトの貴重な肖像画が400万ユーロで落札

© 写真 : Christie's
文化
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの13歳の時の肖像画がパリのオークションハウス「クリスティーズ」で競売にかけられ、400万ユーロ(約4億8180万円)で落札された。この肖像画は生前のモーツァルトを描いた5つの肖像画の1つ。当初、この肖像画は100万ユーロ以下での落札が予想されていたとオークションハウスのサイトでは説明がされている。

肖像画はカンバスに油絵で描かれており、1770年にヴェネツィア共和国の官僚であったピエトロ・ルジャチの依頼によるとされる。肖像画では、赤いフロックコートを身に着け白いカツラを被った13歳のモーツァルトが、スコアを前にハープシコードを弾いている様子が描かれている。

​オークションハウス「クリスティーズ」の代表によれば、肖像画に描かれた当時、モーツァルトの個性はまだ確立されていなかった。

この肖像画の特徴は、モーツアルトの前に置かれた音楽作品がヴェローナのアレグロ、「KV72a in G Major」だということ。専門家の評価では、これは偉大な音楽家の初期の失われた作品の可能性があるという。 

肖像画は1788年に亡くなるまでピエトロ・ルジャチのところで保管され、その後、この作品はベローナのフィルハーモニー・アカデミーに所有が移された。指揮者でピアニストのアルフレッド・コルトーのプライベートコレクションからオークションハウス「クリスティーズ」に肖像画が出展された。同肖像画はコルトーの家族のもとで1962年から保管がされていた。

当初、オークションハウスの予想は、肖像画は80万~120万ユーロで落札されるというものだった。

関連ニュース

タグ
芸術, 歴史, 音楽
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント