04:52 2020年10月29日
エンタメ
短縮 URL
0 30
でフォローする

トルコで開発されたロボット「サンボット」はトルコのアルスラン交通船舶通信大臣のスピーチを幾度も邪魔しようとしたために、プログラム設定を変えられてしまった。6日、地元のヒュッリイェト紙が報じた。

スプートニク日本

アルスラン大臣は「安全なインターネットの日」にちなんで、アンカラの科学技術センターでスピーチを行った。サンボットはこのイベントの司会役を務めていたものの、大臣にもっとゆっくりしゃべってほしいと訴えるなど、数回にわかってスピーチを遮った。ヒュッリイェト紙によれば、サンボットは「おまえのいうことわからない。なにをおまえはしゃてっているのか」と繰り返していた。

これに業を煮やしたアルスラン大臣は「誰かこのロボットをなんとかしてくれ。必要な措置を講じろ」と指示したため、サンボットはマイクを切られ、イベントの最後には別のプログラム設定に変えられた。

関連ニュース

日本製ロボット 販売員としては役立たずでクビに

ロボット「ソフィア」、ウクライナの汚職を質問され故障

タグ
おもしろい, エンタメ, ロボット, テクノ, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント