09:38 2018年12月13日
桜(アーカイブ)

アヴァンギャルドな生け花の展覧会がモスクワで開催中【写真】

© Sputnik / Said Tsarnaev
エンタメ
短縮 URL
0 60

4日から8日にかけて、モスクワ建築で生け花の展覧会「シンボルの空間」が開かれている。展覧会は草月流の創流90周年に合わせて開催。草月流の発展や歴代家元に関する資料や、草月流モスクワ支部のメンバーの作品が展示される。

スプートニク日本

日本の芸術家、勅使河原蒼風が1927年に創流した草月流は最も前衛的な生け花の流派だと考えられている。その特色は、花や植物のほかに石や布、金属、プラスチック、その他非生物の材料を用いることが許されていることにある。モスクワ支部は日本大使館の支援のもと1994年に設立された。草月流の信条は、生け花が何からでも、どこでも、誰によっても創られるというもの。重要なことは、創造性の自由だ。

関連記事

タグ
芸術, 文化, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント