13:47 2018年11月18日
英音楽グループ「マッシヴ・アタック」(アーカイブ写真)

英音楽グループ「マッシヴ・アタック」、DNA入りスプレー缶の形でアルバム再発売へ【写真】

© AFP 2018 / Leon Neal
エンタメ
短縮 URL
0 11

『メザニーン』は1998年、公式リリースの数週間前にインターネットで無料公開された最初のアルバムとなった。それから20年後、音楽グループ「マッシヴ・アタック」は同アルバムを新たな形式で再び発売する。各トラックが記録された人工DNAが入ったスプレー缶の形で限定数がリリースされるのだ。

スプートニク日本

同グループのメンバーらはコード変換のため、スイス・チューリッヒ工科大学のチーム「ターボビーズ」の学者らに相談。学者らは、各曲を合計92万個の短鎖DNAに変換した。変換作業には2カ月かかった。デジタル情報をDNAに変換するためにかかった費用は、データ20メガバイト当たり65万ドル。

マッシヴ・アタックのリーダーでアーティストのロバート・デル・ナジャはワイアード誌に対し、「スプレーを散布し、壁からDNAを削り取って必要な条件のもとでDNAを分析すると、アルバムを聴くことができるようになる。然るべきプレーヤーが出現し次第、ではあるが」と述べている。

学者らが述べているところでは、将来にはDNAが情報保存のための基本的素材になる可能性があるという。既に、音楽グループ「オーケー・ゴー」のミュージックビデオ「ディス・トゥー・シャル・パス」がこの形式に変換されている。

関連ニュース

タグ
びっくり, おもしろい, テクノ, エンタメ, 科学, 音楽, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント