17:54 2020年02月20日
エンタメ
短縮 URL
110
でフォローする

テスラ社の電気自動車に、ソフトウェア更新後の新機能である「オンデマンドサウンド」が登場した。米IT系ブログサイト「テック・クランチ」が報じている。

スプートニク日本

この機能は、設定の「排気テストモード」で見つけることができる。その中にはイーロン・マスク氏と同氏の会社に関連する名がついた6つの異なる音がある。例えば「音なし」は「非火炎放射器」への切換え、「ファルコン・ヘビー」はスペースX社のロケットの名前である。

「テック・クランチ」によると、ユーザーは2つの音声スイッチを使うことができる。例えば、ターンシグナルをオンにした時の「オンデマンドサウンド」と「シグナルサウンド」など。

多くのユーザーが感想を述べ始めている。例えば、カップルが「ロマンティック」モードをオンにした、など。

関連ニュース

テスラ新型車の加速、乗客を陶酔状態に【動画】

マスク氏、LA地下に高速地下トンネルを開通【写真・動画】

タグ
, びっくり, おもしろい, テクノ, エンタメ, Tesla, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント