02:07 2019年06月26日
フランスパン

パリ・バゲットコンクールの審査員、今年も一般から募集!

© Flickr/ Jim Champion
エンタメ
短縮 URL
0 0 0

パリのバゲットコンクールの審査員が、今年も一般から募集されることがわかった。仏パリ市が発表した。

スプートニク日本

パリ市は昨年も同コンクールの審査員を一般から募集した。審査員の条件は、パリ在住で、4月17日の審査に参加できること。一般審査員に選ばれるのは6人。「OVNI(オヴニー)」が報じた。

オヴニーによると、審査員団は、パリ市内のパン職人が審査日の朝に出品したものを午後に食べ、受賞者を決めるという。審査基準は5つあり、焼け具合、味、皮、香り、見た目。

バゲットの規定は、長さが55センチ~70センチ、重さは250グラム~300グラム、また小麦粉1キロに対して18グラムの塩分を含むこととなっている。

優勝者は、賞金4000ユーロと、エリゼ宮に1年間パンを納品する権利を手にするという。

タグ
文化, 食品, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント