23:16 2020年04月06日
エンタメ
短縮 URL
0 41
でフォローする

米デラウェア州ニューアーク市在住の男性(61)は、うっかり同じ番号の宝くじを2枚購入したことで、倍額の10万ドル(約1095万円)を獲得した。米UPI通信社が報じた。

その男性は家族のために宝くじを4枚買うと決めていた。しかし宝くじ販売店に来たところで、3枚分の金額しか持ち合わせていないことに気が付いた。その日は3枚購入し、翌日再び来店し、ついうっかり前日と同じ番号の組み合わせで4枚目の券を買ってしまった。

男性は、「当選番号を確認してみると、例の2枚買ってしまった券が当選したことが分かりました。後になってもう1枚の同じ番号の宝くじ券も有効かどうか尋ねると、認められました。喜びで震えが止まりませんでしたよ。信じられませんでした」と興奮した様子で語った。ラッキーなことに、男性はこの2枚の券が当選したことで5万ドルずつ、つまり合計10万ドル(約1095万円)を受け取ることになった。

男性はこの賞金で借金を返し、将来のために貯金するつもりだ。


スプートニクのサイトでは、ロトや宝くじをめぐるその他のビックリするような当選の記事をご覧いただけます。

関連記事

タグ
宝くじ, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント