19:04 2020年04月10日
エンタメ
短縮 URL
0 30
でフォローする

イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニは25日、新型V12エンジン搭載のサーキット専用マシンのシェイクダウン(走行テスト)動画を公開した。自動車の情報サイト「モーター・オーソリティ」が報じた。

同社のモータースポーツカー部門、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセが開発したこの車両は、最高出力830馬力のV型12気筒6.5リットル自然吸気エンジンを搭載。

このモデルは2月にエンジンサウンドが公開されたばかり。このモデルに関する詳細は未だ明らかではないが、開発は最終段階に入っていて2020年後半に世界初公開される予定。

ランボルギーニは2018年、世界にたった1台の「ミウラSVR」の修理を完了させ、日本の中山サーキットで展示した。

関連記事

タグ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント