05:09 2020年08月05日
エンタメ
短縮 URL
0 50
でフォローする

米オレゴン州マウントバーノン在住のロバート・マコーリーさんは、タダで手に入れた宝くじ券で億万長者になった。米UPI通信社が報じた。冷静沈着なロバートさんはこの当選金でもろもろの物を買う他に妻に冷蔵庫をプレゼント、自分はトラックを購入することにした。

ロバートさんは、地元の店で以前購入した宝くじ「メガバックス」のチケットの当選番号を確認し、その「当たり」として宝くじ券をもう1枚タダで受け取った。そして数日後の3月23日、その店長は、自分の店で宝くじ券を受け取ったうちの誰かが630万ドル(約6億7610万円)を当てていることが分かった。

そこで店長は、ロバートさんの家に共通の友人をやり、宝くじ番号を確認するようにお願いした。ロバートさんの娘、パムさんがアプリで当選番号を確認すると、大当たりしたのは父親だと本人に伝えたという。

ロバートさんは「パムは喜びの叫び声をあげ、飛び跳ねていましたよ。でも私は落ち着いていました」と大当たりを静かに受け止めたことを語った。

関連記事

タグ
宝くじ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント