18:45 2020年10月20日
エンタメ
短縮 URL
0 01
でフォローする

日本のRakuten Fashion Week TOKYO (楽天ファッション・ウィーク東京/RakutenFWT)に参加したデザイナーらはあっと驚くハローウィンコレクションを出展した。Hypebeast誌に掲載されたショーの写真からは、規制や戒律にとらわれない「ノンコンフォーミズム」を表現したファッションが見て取れる。

9月、英国のモードハウスNamiliaナミリアは、ニューヨークのファッションウィークに春夏コレクションを出展する代わりに 、ポルノサイト「PornHub」のスターたちにコレクションを着せた動画を発表した。

日本人デザイナーらも独自性ではナミリアに負けじと、ハローウィーン・コレクションで世界をあっといわせてやろうと決めた。ということで、なんとポディウムに出てきたのは様々な種類のゾンビたち。

肌は薄グレーに塗られ、マキアージュでぱっくり開いた傷口や腫瘍、破裂した血管、縫い痕がほどこされ、目の下には青あざやへこみが作られた。

ハローウィーンコレクションは「生きかえった死人」たちに見事にマッチ。ぶかぶかのチェックのジャケットにレザーのジャンパー、ショートパンツとぼろぼろのパンツルック、色あせたジーンズとキルティングのズボン。

「ダブレット」ブランドで世界に知られた日本人デザイナー、井野将之(いの まさゆき)さんは自身のインスタグラムアカウントに蘇った死人の役を演じるモデルらの写真を掲載し、「A very merry unbirthday for you」のセリフを添えて紹介した。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Masayuki Ino (@__doublet__)

関連記事

タグ
びっくり, 日本, ファッション
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント