04:31 2021年07月31日
エンタメ
短縮 URL
0 40
でフォローする

中国の動画サービスBilibiliに、動物を使い、コロナウイルスのワクチンがどのように効果を発揮するのかを分かりやすく説明したアニメ動画は現れた。

アニメの主人公はネコ。ワクチンを接種したネコの体内でいかにして抗体ができるか、アニメは実に上手に説明している。ワクチンは体内に入るとウイルスに扮し、あの手この手の手段で体内細胞に自分を覚えこませ、やがて戦いに負けて死んでいく。そのかわり細胞にはワクチンのダイイングメッセージが残される。「ぼくを覚えていて」と。戦う相手を覚えたネコの細胞は、道でコロナウイルスに感染したパンダに遭遇した際に、すぐに敵を認知し、一瞬のうちに相手を叩くことができる。ネコが主人公だと感化させやすいのか、コメント欄にはネコのほうが人間よりなんでも上手にできるが、ワクチンの宣伝は特に上手だという書き込みも現れた。

​Facebookは予防接種を推奨しない広告の掲載を禁じている

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
中国, 新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント