23:40 2021年09月25日
エンタメ
短縮 URL
0 10
でフォローする

米国歌手ブリトニー・スピアーズの父親であるジェームズ・スピアーズが娘の後見を辞任することを決めた。

ジェームズ・スピアーズの弁護士によって作成された法廷文書では、彼女の父親は「根拠のない非難の恒常的な標的」とされたが、彼は「公となった娘との争いが彼女の利益になるとは考えていない」と強調している。また、同弁護士は、「彼が後見を辞任するにあたっては実際的な理由はない」と表明した。

書面では、「形式的身分に関係なく、常にスピアーズ氏は彼女の父親であり、常に彼は無条件に彼女を愛し、常に彼女の利益を気遣っている」と述べている。

サイト「Variety」によれば、ジェームズ・スピアーズはまた、新しい後見人への秩序正しい後見の移譲で裁判所と娘の弁護士に協力する用意があると表明した。

これに対し、ブリトニー・スピアーズの弁護士であるマシュー・ローゼンガルト氏は、彼と彼のクライアントは父親の決定を歓迎すると発表した。同弁護士は、「私たちは13年間にわたるスピアーズ氏の行為の調査が継続されることを期待している。この期間に彼は娘の活動により数百万ドルを得ている」と指摘した。


米ロサンゼルス裁判所は、歌手のブリトニー・スピアーズさんの後見人に関する裁判に関し、スピアーズさん側が自ら選んだ代理人弁護士を任命できると判断した

スピアーズさんは6月下旬にロサンゼルス裁判所に出廷。13年続く後見人制度を停止するよう求めている

2008年、一部精神衰弱を理由に裁判所はスピアーズさんの後見人に実父のジェイミー・スピアーズ氏を指定。ジェイミー氏は娘の私生活および資産管理を行い、治療やセキュリティ、芸能生活も管理している。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント