17:50 2020年08月14日
欧州
短縮 URL
1115
でフォローする

エストニア政権は「ロシア・セヴォードニャ」通信社タリン支部の活動を封鎖する路線を採択した。ロシア外務省のマリヤ・ザハロヴァ公式報道官が外務省の公式サイトで明らかにした。

「エストニアでこのロシアの通信社(ロシア・セヴォードニャのこと)のタリン支部の作業をいかなる手段を講じても封鎖し、報道の自由の原則にもかかわらずメディア空間の厳格な検閲を行う路線が採択されたことが明確になりつつある。」

ザハロヴァ報道官は、欧州諸国で「ロシア・セヴォードニャ」の活動に対し、政治化され、過度に偏見に満ちたアプローチが採られたのはこれが初めてではないと指摘している。

タグ
情報戦, ロシア, エストニア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント