22:33 2017年11月20日
東京+ 5°C
モスクワ+ 2°C
    欧州、地図

    戦争より多くの犠牲者を生むものとは・・・

    © Fotolia/ Twixx
    欧州
    短縮 URL
    363292

    環境汚染は戦争よりも15倍多くの犠牲者を生み出している。このような結論を医学雑誌「ランセット」の汚染・健康問題委員会が導き出した。研究結果は同誌のウェブサイトに掲載されている。

    スプートニク日本

    それによると、2015年に全世界では環境汚染によって引き起こされた病気で、全死因の16%に当たる約9百万人が死亡した。研究グループによれば、この数字はエイズ(後天性免疫不全症候群)、結核、マラリアによる死亡者数をすべて併せた数の3倍、戦争やその他の暴力による死者数の15倍に当たることがわかった。さらに、環境汚染による死亡者数は、喫煙や飢餓、自然災害による死者数を上回っているという。また、いくつかの国では死因の4分の1が環境汚染によるものだ。

    ほかにも、環境問題に対して最も脆弱な人々は貧困層であることも明らかになった。計算によれば、環境汚染に関連して死亡する人の約92%が、所得のレベルが低い、あるいは中程度の国々の住民だった。

    さらに、環境汚染は子どもにとって特に大きな危険をもたらす。なぜなら少量の化学薬品でも、胎内発育期や幼児期にその影響にさらされると、一生涯にわたって障害や病気を抱えたり、若くして亡くなることにつながる可能性があるからだ。

    先に欧州環境機関(EEA)は、ヨーロッパで年間数十万人の若者が死亡している死因について発表している。

    関連ニュース

    天候は何者にも容赦せず フランスでワイン不作 イタリアでは水不足

    タグ
    びっくり, 健康, 病気, 調査, 研究, 自然, 環境, EU
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント