18:23 2018年09月23日
マクロン仏大統領

フランス、2040年から石油ガス生産を禁止へ

© AFP 2018 / Ludovic Marin
欧州
短縮 URL
118

フランス国民議会(下院)の第二読会で2040年から石油ガスの生産を禁止する法案が可決された。フランスの海外領土も法の適用範囲内となる。ロイターが報じた。

スプートニク日本

ロイターによると、マクロン仏大統領は、石油天然ガス企業がもう石油天然ガス探査のライセンスを新たに取得することができないと述べた。マクロン氏は、フランスが同様の法案を可決した世界初の国となったと強調した。

禁止措置はフランスの石油確保には影響しない。同国では現在もわずか600万バレルの石油しか採取しておらず、これは同国の消費量の1%をカバーするのみだ。残りの99%は他国から輸入している。

石油ガスからの脱却は、二酸化炭素排出量が差し引きゼロとなる「カーボン・ニュートラル」の達成を目指す、政府主導の「気候変動計画」の一環。同計画によると、2040年までにフランスでは内燃機関(エンジン)を持つ車の販売が禁止される。さらに政府は20年以上用いられたディーゼル車や2001年までに生産されたガソリン車を放棄した所有者に、税制優遇措置を適用する。

関連ニュース

米国、2018年に産油量でサウジを抜くと予測

グーグル、再生可能エネルギー100%達成に成功

タグ
びっくり, 石油, エマニュエル・マクロン, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント