08:28 2018年06月24日
アウディ

「ディーゼル・スキャンダル」でアウディ取締役会会長が起訴される

© AP Photo / Markus Schreiber
欧州
短縮 URL
0 50

ミュンヘン検察庁は11日、所謂「ディーゼル・スキャンダル」に関連して、アウディAGのルパート シュタートラー取締役会会長を詐欺と文書偽造で起訴したと発表した。

スプートニク日本

発表によると、検察庁は取締役会の別のメンバー一人も起訴した。なお同人物の名前は公表されていない。

検察庁の発表では「彼らは詐欺と文書偽造の罪が問われている。これは排出ガス情報を操作するソフトウェアを搭載したディーゼル車を欧州市場で販売したことと関係している」と述べられている。

すでに証拠を見つけるための家宅捜索が行われた。

検察庁によると、「ディーゼル・スキャンダル」に関連して訴えられた人物は、20人となった。

関連ニュース

ドイツ自動車大手3社、人とサルを対象にした実験で非難される

タグ
クルマ, スキャンダル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント