13:47 2020年02月22日
欧州
短縮 URL
ヘンリー王子、メーガン妃の英王室「離脱」 (10)
0 10
でフォローする

英国のヘンリー王子は、同氏と配偶者のメーガン・マークル妃の「彼と彼女の王室の尊称」が剥奪されること、また、王室の職務遂行から除外されることについてコメントした。同王子は状況が別の形で解決されることを期待していたことが判明した。スカイ・ニュースが報じた。

報道によれば、ヘンリー王子は、今後、宮廷で自分の職務が遂行できないことを「強く悲観」したという。

ヘンリー王子は、「すべてがこのように終わったことを私は悲しく思います。自分と自分の妻のために受け入れた決定は、私には辛いものとなった」と表明した。

同氏はまた、「私たちの希望は、王室予算を受け取ることなく、女王や英国、軍への奉仕を続けることだった。残念ながらそれができないことが分かった」と語った。

この間、英国女王は二人の称号を剥奪すること、また、王室予算の割り当てを停止するという決定を確認している。また、ヘンリー王子とメーガン・マークル妃は、今後女王を代表することができなくなる。


8日、ヘンリー王子とメーガン・マークル妃は、財政的に独立することを望み、王室ファミリーとしての「高位」の権能を放棄することを表明した。エリザベス2世は2人の決定を支持し、移行時期について彼らと合意を行った。その期間、ヘンリー王子とメーガン妃はカナダと英国で過ごすことになる。

 「スプートニク」は現状についてのさまざまな意見を集め、この事態が英国にどう影響するか調査した。

トピック
ヘンリー王子、メーガン妃の英王室「離脱」 (10)
タグ
メーガン妃, ヘンリー王子, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント