01:56 2019年09月24日
アリョーナ・コストルナヤ選手

全米フィギュアの最年少チャンピオン ロシアのコストルナヤみたいに滑りたい

© Sputnik / Vladimir Pesnya
フィギュア特集
短縮 URL
121
でフォローする

2019年の全米フィギュアスケート選手権で13歳で堂々の1位に輝いたアリサ・リュー選手は、自分の夢はロシアのアリョーナ・コストルナヤ選手(15)のような演技をすることと告白した。

スプートニク日本

リュー選手は米フィギュアスケート連盟のフェイスブック上の生中継でこう発言した。

「フィギュア選手の中にあなたが注目していて、これよ! 私はまさにこんなふうに滑りたいの!と思っている人はいますか?」という問いに対し、リュー選手は、「アリョーナ・コストルナヤをほかにおいていません。素晴らしいスケーティング! 見事の一言につきます」と答えている。

コストルナヤ選手は今シーズンジュニアのグランプリで優勝。ロシア選手権では3位、ロシア・ジュニア選手権では2位を占めている。

アリサ・リュー選手は全米フィギュアスケート史上、最年少のチャンピオン。フリープログラムで2度のトリプルアクセルを決めている。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください

関連ニュース

ザギトワとメドベージェワへの挑戦 米女子ジュニア選手、アジアでの競技会で記録更新

タグ
アリサ・リュウ, フィギュアスケート, スポーツ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント