20:51 2019年07月21日
アデリナ・ソトニコワ(アーカイブ写真)

ソトニコワ 競技復帰の意欲、フィギュアの「怪物たち」、プルシェンコとの仕事を語る

© Sputnik / Evgenya Novozhenina
フィギュア特集
短縮 URL
0 60

2014年ソチ五輪フィギュアスケート女子シングルで、ロシア史上初めて五輪金メダルを獲得したアデリナ・ソトニコワは7月1日、23歳の誕生日を迎える。突出したこのフィギュアスケーターは今、どのように生きているのか?競技復帰の意欲は本当か?2017年から彼女のコーチを務めるエフゲニー・プルシェンコはこの件で何を述べているのか?ソトニコワは今日のフィギュアの「怪物たち」を恐れないのか?こうした質問について、スプートニク日本の記事で御覧ください。

フィギュアスケートの「怪物たち」と競技復帰の意欲について

2016年からソトニコワは大型大会に出場していない。この3年間、彼女は主にアイスショーで滑っていた。そしてこの間、フィギュアスケートは大きく前進した。「私たちのスポーツが進歩していることは良いことです。今、フィギュアスケートはジャンプの面で急速に進歩しています。例えば、(エリザベータ・)トゥクタミシェワはトリプルアクセルを跳びます。そして私は、『彼女は一体どうやっているんだろう?』と考えています」

「ですが私は競技でみんなに『またね』とは言っていません。私が人生で何を求めているのか、文字通りの意味で怪物がいる(強豪ぞろいの)試合に戻りたいのかが、わからないのです。それともやはり、『さよなら』を伝えたいのか」

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от ⛸ Adelina Sotnikova 1️⃣4️⃣⛸ (@adelina_sotnikova14)

「ですが今、私には何かが足りません。娯楽用のショー参加では十分に感じられないこの衝動を、自分との戦いを感じたい。人生における転倒などの障害に関わらずに戦って、自分がベストだと証明したい。ですが競技に復帰すれば、上達する必要があります。難しいし、恐ろしいことです」

© Sputnik / Vladimir Pesnya
アデリナ・ソトニコワ

プルシェンコからの引退の勧めについて

昨年末、プルシェンコはソトニコワに競技から引退し、コーチ業とショーに移るよう勧めた

「彼(その言葉)には、どこか傷ついた気持ちでした。『一体なぜ?』と思ったんです。ですがそれ以前にも彼とは話をしていました。競技の道を進むか、ショーの道を進むかです。私は当時(2017年)、体重の面で万全ではありませんでした。足(の怪我)の苦しみとストレスで、とても増量しましたから。私は『ジェーニ(エフゲニーの愛称)、万全になって、せめてロシアの大会に出場し、競技の中にいる感覚を得るための時間をちょうだい』と述べました」

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от ⛸ Adelina Sotnikova 1️⃣4️⃣⛸ (@adelina_sotnikova14)

夢について

「そうした夢はあります。どんな女性でも願うような、強い絆で結ばれた仲の良い、素敵な家族を持ちたいです。ですがあなたが有名な場合、誰かを信頼することは通常の3倍は難しいです」

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от ⛸ Adelina Sotnikova 1️⃣4️⃣⛸ (@adelina_sotnikova14)

幼い時からスポーツ漬けの子どもからは、子ども時代が失われるものでしょうか?

「子どもができれば、私はすぐにスポーツへと送ります。プロフェッショナルなスポーツかどうかは知りませんが、少なくとも、子どもが手持ち無沙汰にならないよう、出来る限りのことを全てします。子どもがどう成長するかわからない以上、小さい頃から規律を学ばせるべきだと考えています。後々、こうしたことが全て、人生に備えさせてくれていたのだと理解した時、子どもは感謝するでしょう」

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от ⛸ Adelina Sotnikova 1️⃣4️⃣⛸ (@adelina_sotnikova14)

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
アデリナ・ソトニコワ, エンタメ, かわいい, びっくり, エフゲニー・プルシェンコ, スポーツ, ロシア, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント