19:26 2019年08月23日
フィギュア特集
短縮 URL
0 50

エテリ・トゥトベリーゼコーチの指導を受けるロシアフィギュアスケートのカミラ・ワリエワ選手(13)。すでに多くの人たちが、彼女のことを2022年北京オリンピックの金メダル候補と考えていることでしょう。この謎多き女子スケーターについてはまだ情報が少なく、ウィキペディでも記載が多くはありません。他のロシアフィギュアスケーターの中から、ワリエワ選手が秀でている点はどこにあるのでしょう。

スプートニクがみなさんに、今、多くの期待が寄せられる才能ある少女について、7つの真実を紹介します。

1)ワリエワさんがスケートを始めたのは偶然でした。幼少の頃はよく病気をし、医師からスポーツをして体を鍛えなさいと言われていました。彼女の両親ははじめ体操をさせようとしていました。しかし、3歳半ではクラブに受かりませんでした。しかし、フィギュアスケートではもっとも適した年齢でした。

2)エテリ・トゥトベリーゼコーチと出会うまで、当初ワリエワさんは若い専門家のクセニア・イワノワコーチのところでトレーニングを積んでいました。同コーチは現在、エフゲニー・プルシェンコアカデミーで指導してます。

3)ワリエワさんは、あらゆることを急速に学び、彼女より3、4歳上の子どもたちを追い越し、あっという間にグループのリーダーへと成長しました。しかし、特にコーチを驚かせたのは、5歳ですべての基本的なジャンプが飛べたということではなく、信じがたい可塑性や音楽性、振り付けの才能を持っていることでした。もしフィギュアスケートをやっていなかったら、ワリエワさんはクラシックバレエを習うことになっていました。

4)8歳の時、ワリエワさんは白鳥の姿で舞台に立ち、その後、彼女にはすぐに「神のキス」というニックネームがつけられました。また、多くの人たちが彼女を「新しいリプニツカヤ」と呼び始めました。

5)ワリエワさんのもっとも印象的な演技の1つに、プログラム「玉乗りの少女」があります。エテリコーチが、彼女にとって「今年一番のお気に入りプログラム」と述べたのは、偶然ではありませんでした。パブロ・ピカソの作品の伝説的な玉乗りの少女を、ワリエワさんは見事に演じ、その演技はピカソの孫娘にさえ深い感銘を与えました。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

😍😍

Публикация от КамилаВалиева (@kamilavalieva26)

6)ワリエワさんによれば、彼女の1番の憧れはアリーナ・ザギトワ選手。ジャンプに関しては、特にアリョーナ・コストルナヤ選手のようになりたいと望んでいます。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

#мемориалволкова2017 #короткая

Публикация от КамилаВалиева (@kamilavalieva26)

7)2022年のオリンピックをカミラ・ワリエワ選手は15歳で迎えることになります。フィギュアスケートのキャリアでいえば、この年齢はもっとも良い年齢。その年齢のフィギュアスケーターは、すべてをこなすことができ、ホルモンバランスの変化もまだ生じていません。ユリア・リプニツカヤ選手やアリーナ・ザギトワ選手が、15歳の時にオリンピックで金メダルを獲得しています。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
エテリ・トゥトベリーゼ, おもしろい, かわいい, びっくり, ロシア, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント