22:30 2019年09月19日
メドベージェワ選手

「キモノで滑るわよ」 メドベージェワ 新シーズンのコスチュームを明かす

© Sputnik / Nina Zotina
フィギュア特集
短縮 URL
0 83
でフォローする

フィギュア世界選手権2冠のロシアのエフゲニア・メドベージェワは、ロシア最大のSNS「フコンタクチェ」上のサイト「Sport24」のオンエアで、目前に迫った2019/2020シーズンのコスチュームやプログラムについて語った。

メドベージェワは、スケーティングの試験が終了次第、大会が開始されるので、コスチュームも新しいプログラムも準備が完了していると明かしている。

「フリー(プログラムのコスチューム)がキモノになるのは、私的には当たり前だと思うけど。他のパターンは検討もしなかったわ。もちろんキモノよ。だって『芸者のメモリアル(邦題『SAYURI』)だもの。」

メドベージェワは、衣装デザイナーの伊藤聡美さんによるコスチューム制作に自分もかなり積極的に参加したことを明らかにしている。

「サトミ・イトーとは日本で長い時間をかけてコスチュームを話し合ったわ。本当に極細部にいたるまで、すべてが鮮明に美しく見えるように。でも一番は着やすさね。」

メドベージェワは、フィギュアスケートのコスチューム作りは容易い仕事ではないと説明している。

「私たち、フィギュア選手はライトストーンがものすごく好きだけれど、時にはコスチュームの重量は1.5キロにまでなってしまうから。」


メドベージェワ選手は、フィギュアスケート世界選手権で2度優勝、2018年のオリンピックでは銀メダルを獲得している。二人のロシアのフィギュアスケーター、アリーナ・ザギトワ選手とエフゲニア・メドヴェージェワ選手のライバル関係については、数シーズンにわたって、そして大きな世界大会があるたびに、全世界が見守ってきた。指摘しておくと、日本のファンたちはいつも、特にメドヴェージェワ選手を支持してきたし、彼女の勝利を応援してきた。現在では日本人の間でザギトワ選手の人気も高いが、それでもメドヴェージェワ選手は、日本のファンの献身的な応援を受けている。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

関連記事

タグ
フィギュアスケート, エフゲニヤ・メドベージェワ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント