00:04 2019年11月22日
ベティナ・ポポワ選手とセルゲイ・モズゴフ選手

ロシアのフィギュア選手らがGPカナダ出場のフライトに遅刻 空港での遅滞のため

© Sputnik / Alexander Vilf
フィギュア特集
短縮 URL
0 01
でフォローする

25日から開催されるGPカナダに出場するロシアのフィギュアスケート代表選手らが、ケロウナ行きの飛行機のフライトに間に合わなかった。乗り換えの際のパスポートコントロールの通過や荷物のピックアップなどで4時間以上かかり時間が足りなかった。

遅刻となった選手は、ペアのベティナ・ポポワ選手とセルゲイ・モズゴフ選手、アレクサンドラ・ボイコワ選手とドミトリー・コズロフスキー選手、ソフィヤ・エフドキモワ選手とエゴール・バジン選手、また、アレクサンドラ・トゥルソワ選手アンドレイ・ラズキン選手、セラフィマ・サハノヴィッチ選手も含まれる。

ベティナ・ポポワ選手によれば、パスポートコントロールの際に選手たちの審査に多くの時間が費やされたのだという。「Sports.ru」が同選手のコメントを紹介した。

​「職員らが私に麻薬を所持していないかと質問したので、どうして、なんのためにと答えました。なんておかしな検査だったか」

選手たちは大会会場となるカナダのケロウナに深夜に到着、朝の練習をパスすることとした。


フィギュアスケート2019-2020シーズンGPシリーズの予定、GPシリーズに出場する最も人気のあるフィギュアスケート選手のリスト等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
カナダ, ロシア, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント