09:58 2019年12月12日
ザギトワとメドベージェワ

フィギュアグランプリファイナル アヴェルブフ氏、ロシア女子の優勝のチャンスについて語る

© Sputnik / Alexandr Wilf
フィギュア特集
短縮 URL
フィギュアスケートGPファイナル  (29)
0 20
でフォローする

2002年ソルトレークシティ五輪銀メダリストで現在はバレエ教師・振付師のイリヤ・アヴェルブフ氏は、12月5日から8日までイタリア・トリノで行われるグランプリファイナルのロシア女子の優勝の可能性について言及した。

「何らかの予測をするのは難しいですね。ロシア女子選手が一度に4人もファイナルに進み、優勝争いをするのは素晴らしいことです。出場選手の中でこれに抵抗できるのは日本の紀平梨花選手でしょう。彼女はとても優れた内容を持っています。

どの選手もそれぞれ武器を持っていて、試合の行方は予想つきません。 誰かがいずれにしてもミスをするとして、それは避けられないことです。神経戦になりますから。理論的には5人のうち誰が優勝してもおかしくはありません。アメリカのブレンディ・テネル選手は唯一、優勝候補から外れると思います」というアヴェルブフ氏のコメントをNevasportが伝えた。

アヴェルブフ氏はまた、グランプリファイナルのジャッジへの期待も口にした。

アヴェルブフ氏は「現在の審判レベルはとても高いと思います。もちろんファンはいつも自分が応援している選手の点が抑えられていると考えています。でもそれは全く違います。審判がどんなことをしても日本選手だけを支持するとか、ロシア選手のうち誰が勝っても外国人にとっては同じとか、それはないと思います」と語った。


フィギュアスケート2019-2020シーズンGPシリーズの予定、GPシリーズに出場する最も人気のあるフィギュアスケート選手のリスト等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
フィギュアスケートGPファイナル  (29)
タグ
五輪, ロシア, フィギュアスケート, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント