09:28 2020年10月20日
フィギュア特集
短縮 URL
0 30
でフォローする

平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(17)はショーでスケートするのと大会に出場する時の違いについて語った。

「(タチアナ・)ナフカのショーに出させてもらってよかった。 それに役になりきることを教えてもらって嬉しいです。 試合とどこが違うかですか? まず、ひとりじゃないし、ペアで滑っていることですね。

気楽にリンクに出られるか、ですか? 私はスポーツ選手ですから、 やはり出るからには全て最善をつくす、 こうあるべきという姿を目指すという考えがあることは確かです。 それでもショーに出るのは試合とは違います。 雰囲気が優しいです。」

サギトワはテレビ第1チャンネルの番組「イブニング・ ウルガント」に出た中でこう語った。

ザギトワは12月13日、 スケーターとしての活動休止を宣言した。 クラスノヤルスクでのロシア選手権には出場しない。 ただしショーなどの出演は行っていく。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
アリーナ・ザギトワ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント