13:54 2020年06月03日
フィギュア特集
短縮 URL
ISU欧州フィギュアスケート選手権2020 (18)
0 0 0
でフォローする

ロシアのアレクサンドラ・トルソワ選手(15歳)が欧州選手権エキシビションに向けた午前の練習で、4回転ルッツ+3回転ジャンプ5本の連続という妙技を披露した。

トルソワ選手が行った連続ジャンプは、4回転ルッツ+3回転ルッツ+シングルオイラーを挟んだ3回転サルコウ×4だった。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Alexandra Trusova | Team (@sashatrusova_team)

アレクサンドラ・トルソワ選手は欧州選手権で銅メダルを獲得。金と銀はアリョーナ・コストルナヤ選手(16歳)とアンナ・シェルバコワ選手(15歳)(ともにロシア)が手にした。

トルソワ選手の欧州選手権は辛いものとなった。ショートプログラムではダブルアクセルで大きなミス、続くフリーは内容を落として挑んだ(5本の4回転ジャンプのうち、残したのは4本のみ)。しかし難度を下げてもクリーンな演技を行うことができず、2本のジャンプで転倒があった。

トルソワ選手は失敗の原因について、「いいえ、疲れていません。コンディションはベストではなく、新年休暇の後も完全に戻りませんでした。ただこれが失敗の原因ではありませんでした。単に集中できませんでした」と説明した。

同選手は、4回転の数を増やして試合をするほうが気が楽だ、4回転3本の場合は「失敗が許されない」と語った。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
ISU欧州フィギュアスケート選手権2020 (18)
タグ
アレクサンドラ・トルソワ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント