08:45 2020年07月10日
フィギュア特集
短縮 URL
0 50
でフォローする

ロシアのフィギュアスケート、アリーナ・ザギトワ選手が、選手を引退した後の計画について語った。

昨年12月、ザギトワ選手はキャリアを一時中断することを発表した。同選手は国内選手権を欠場し、欧州および世界選手権への出場機会を逸している。キャリアの一時中断を発表したものの、ザギトワ選手はトレーニングとアイスショーへの出演を続けている。

ザギトワ選手は『Tatler』誌のインタビューに、「今、フルスタリヌィイのスポーツ施設『サンボ70』でトレーニングをしており、平行してロシア国立体育・スポーツ・青年・観光大学の入学の準備をしています。エテリ・トゥトベリーゼコーチのようになるために勉強をし、新しいチャンピオンを育成したい」と語った。

今シーズン、トゥトベリーゼコーチの門下生であるアリョーナ・コストルナヤ選手やアンナ・シェルバコワ選手、アレクサンドラ・トゥルソワ選手は、欧州選手権やロシア選手権、グランプリファイナルで表彰台を独占した。彼女たちが参加予定の次の大会は世界選手権。大会は3月16日から22日にかけカナダで開催される。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

関連記事

タグ
スポーツ, アリーナ・ザギトワ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント