12:13 2020年09月24日
フィギュア特集
短縮 URL
0 23
でフォローする

ロシアのフィギュアスケート選手、アレクサンドラ・トルソワ選手(16)がエテリ・トゥトベリーゼ氏のもとを離れたことについて、詳細を明かした。

今年5月、同選手はトゥトベリーゼチームを離れ、エフゲニー・プルシェンコ氏のアカデミーに移籍した。

トルソワ選手はロシア「マッチTV」の取材に応じ次のように語った:「移籍の一番の理由?原因はたくさんあります。ノーミス演技ができないのなら、もっと他のところで自分を試さないといけないと思いました。それにはプルシェンココーチのところが一番いい、彼自身が4回転ジャンパーであり、ミスなく安定した演技をするにはどうすればいいのか知っているかもしれないと考えました。コーチを選ぶにあたって、最終的な判断は私に委ねられました。私は十分に大人ですから。もちろんこのことは両親と話し合っています。ただ、トゥトベリーゼ先生に対する私の気持ちは、チームを離れた今も変わっていません。」

先日、欧州チャンピオンのアリョーナ・コストルナヤ選手(16)も同様にトゥトベリーゼチームを離れることが明らかになった。コストルナヤ選手はプルシェンコ氏に師事するという。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント