17:49 2019年12月08日
新ウイルスBadRabbit 大規模サイバー攻撃

身代金ウイルス「バッドラビット」による大規模サイバー攻撃

© Sputnik / Alexey Malgavko
災害・事故・事件
短縮 URL
0 06
でフォローする

ロシアやウクライナを中心に24日、大規模なサイバー攻撃が発生した。ロシアメディアが伝えた。一部欧米系メディアによると、日本や欧州でも攻撃が確認されたという。

スプートニク日本

今回のサイバー攻撃を起こしたのは、「バッドラビット(BadRabbit)」という名称のランサムウェア(身代金要求型マルウェア)。サイバー犯罪の調査と防止に携わるGroup IB社によると、24日正午にウクライナで発生したサイバー攻撃は、同国のインフラ省、オデッサ国際空港、首都キエフ市の地下鉄のほか、ロシアの報道機関各社などを襲った。

同社のサチコフ社長は「複数の企業でサーバーやワークステーションが暗号化され、社内業務が完全な麻痺状態に陥った」と説明する。ただし具体的な企業名は明かさなかった。他の専門家たちは、今回の「バッドラビット」が、今年6月に複数国のIT企業を襲ったランサムウェア「NotPetya」の亜種だと確認している。

ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labによると、同国通信社の「インターファクス」やサンクトペテルブルクのニュース端末「フォンタンカ・ル(Fontanka.ru)」も被害を受けた。

被害の多くはロシアとウクライナに集中しているが、英インデペンデント紙や香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)などでは、ブルガリア、トルコ、ドイツや日本でも確認されたと伝えられている。

関連ニュース

新ウイルス登場 「Home」押すたびに全データーがフリーズ

謎のウイルス 数年で数百のコンピューターが感染

タグ
テクノ, インターネット, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント