00:53 2018年08月17日
寿司

寿司愛好家が体内から1.5メートルの寄生虫を引きずり出す 米【写真】

CC BY 2.0 / Signe Karin / Sushi
災害・事故・事件
短縮 URL
0 66

米カリフォルニア州フレズノに住む、毎日寿司を食べていた男性が、体内から長さ1メートル半強のサナダムシを摘出した。ニューヨーク・デイリーニューズが報じた。

スプートニク日本

詳細を語ったのは、下痢を訴えた男性を担当した医師のケニー・バン氏。男性は寄生虫の摘出を求めてきた。バン氏は最初、蠕虫病だという男性の話に半信半疑だったという。

だが、すぐにバン氏は考えを改めることになった。男性が、トイレの向かった時に自身で摘出したサナダムシを見せたためだ。全長は165センチほどだった。

男性は、寿司の愛好家で毎日のように生の鮭の刺し身を食べていたと明かした。これが感染の原因になった可能性がある。治療が終わると男性は、生の魚を二度と食べないと誓った。

関連ニュース

83カ国で危険なベビーフード1200万箱以上回収へ

米国 子犬から危険な感染症に感染

タグ
病気, 食べ物, びっくり, 事件, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント