07:40 2018年11月21日
RQ-4 グローバル ホーク(アーカイブ)

米国の無人機、ロシア国境付近で確認される

© 写真: U.S. Air Force/ Bobbi Zapka
災害・事故・事件
短縮 URL
0 18

米空軍の無人機RQ-4B-30グローバル ホークが、ハリコフ州のロシアとウクライナの国境に沿って飛行した。PlaneRadarがツイッターで伝えた。

スプートニク日本

グローバル ホークは、シチリアにあるNATOのシゴネラ空軍基地から飛び立った。PlaneRadarによると、グローバル ホークは日本時間13時15分ごろにウクライナの空域に入り、日本時間16時18分にベルゴロド州の国境沿いの飛行を終えた。

グローバル ホークは、ウクライナ南部・東部ドンバスの境界線の上空も飛行した。

グローバル ホークは、ドンバス上空で数回確認された。ここ数カ月間で、米無人機のロシア国境付近での飛行が著しく増加した。

関連ニュース

タグ
航空, 事件, 軍事, ウクライナ, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント