12:41 2018年11月14日
ヨアキム・レンネベルグ氏

ヒトラーの核計画を阻んだ破壊工作員、ノルウェーで死去

© REUTERS / Andrew Winning
災害・事故・事件
短縮 URL
0 31

第2次世界大戦時に重水(D2O)が生産されていた工場を破壊した「ガンナーサイド」作戦に参加したヨアキム・レンネベルグ氏がノルウェーで死去した。98歳だった。同国政府関係者らの話としてロイター通信が伝えている。

スプートニク日本

同通信によると、ノルスク・ハイドロ社の重水生産工場はノルウェーのヴェモルクにあった。同工場を破壊する作戦は1943年に実施され、参加者らが工場までスキーでたどり着き、内部に侵入して工場を爆破した。レンネベルグ氏は当時23歳で、同作戦における最年少の参加者となった。

工場を破壊した抵抗運動(レジスタンス)の破壊工作員らについては、自分たちが具体的に何を爆破することになっているのか知らなかったと指摘されている。ある物質が生産されていた工場を自分たちが破壊したこと、その物質を用いてドイツ政府が原子爆弾を開発する可能性があったということを工作員らが知ったのは、既に作戦が実施された後だった。

ロイターによると、大戦終結後、レンネベルグ氏はラジオ記者として働いた。最晩年には、全体主義の破壊的な力について講演も行っていた。

関連ニュース

タグ
びっくり, 死去, 歴史, 第二次世界大戦, 戦争・紛争・対立・外交, 核問題, アドルフ・ヒトラー, ノルウェー, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント