16:35 2018年12月13日
ボーイング737 MAX

WSJ:ボーイング社は、墜落を引き起こした可能性がある737型機の情報を隠していた

© AFP 2018 / Jason Redmond
災害・事故・事件
短縮 URL
0 45

航空機メーカーのボーイング社は、ボーイング737 MAX 8型機およびMAX 9型機の飛行制御システムが、異常または緊急事態が発生した際に、飛行機を急降下させる可能性があることを航空会社やパイロットに隠していた。10月29日にボーイング737 MAX 8型機がインドネシアに墜落した事故は、これが原因で生じた可能性がある。ウォール・ストリート・ジャーナル紙が、墜落事故の調査関係者の情報をもとに報じた。

スプートニク日本

ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、異常あるいは緊急事態が発生した際に飛行機を急降下させる可能性がある制御システムは、機首が急激に上がった場合に飛行機が傾くのを防ぐことを可能とする。一方、緊急事態が発生した場合、システムは急激に機首を下げる可能性があり、これにより手動操縦の場合でさえ、飛行機は急降下することになるという。

パイロットや航空会社は、この機能に関する警告はなく、古い航空機に搭載されたシステムは別の手順を必要としたと発表した。

米連邦航空局は、マニュアルや訓練資料にもこのことは述べられていなかったと指摘した。

ボーイングは、これらの主張にはコメントしなかった。

インドネシア沖でのライオン・エア航空ボーイング737MAX8型機の墜落事故を受けて、米ボーイング社は同じ機体を使用するオペレーターらに対し、飛行コントロールシステムのデーターにミスが生じ、パイロットがこの情報を誤読した場合、機体が激しいピッチングを起こす恐れを警告する構えを表した。7日、ブルームバーグが消息筋からの情報として報じた。

29日10月、ジャカルタ発スマトラ島行きのライオン・エアのボーイング737Max型機が、インドネシア西ジャワ州沖に墜落した。同機には乗客乗員189人が搭乗していた。生存者はいないと報じられた。

今回の事故は、昨年5月に納入が開始された第4世代のボーイング737MAX型機で初めてのものとなった。なお、機長と副機長は経験豊富だったという。

関連ニュース

墜落機の計器に不具合 ブラックボックス解析で判明 ライオン・エア機墜落

米連邦航空局、ボーイング737MAX型機に耐空性改善通報 246機が対象

タグ
飛行機, テクノ, 事件, 事故, インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント