09:36 2018年11月18日
ライオン・エア ボーイング737MAX8型機

米連邦航空局、ボーイング737MAX型機に耐空性改善通報 246機が対象

© AFP 2018 / Adek Berry
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10

ライオン・エア航空ボーイング737MAX機の墜落事故を受け、米連邦航空局(FAA)は7日、緊急耐空性改善通報を出した。

スプートニク日本

対象とされるのは世界中で運航しているボーイング737MAX型機の246機。同型機には、機体が水平を保って飛行するための「迎角センサー」が搭載されており、FAAは同センサーに問題がある可能性を指摘している。

FAAによると、対象とされる246機のうち45機が米サウスウェスト航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空の機体。

インドネシアの首都ジャカルタ郊外にあるスカルノ・ハッタ国際空港を離陸したライオン・エアのJT610便(ボーイング737MAX8型機)が日本時間29日8時半過ぎ、インドネシアのジャワ島沖で墜落した。同機には乗客乗員189人が搭乗していたものの、生存者はいないと報じられている。

関連ニュース

オーストラリア、ライオン・エアの使用を禁止 インドネシアは説明を求める

墜落機の計器に不具合 ブラックボックス解析で判明 ライオン・エア機墜落

タグ
事故, 墜落, 航空, 飛行機, 米国, インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント