20:10 2019年04月25日
警官

行方不明の父親を50年ぶりに発見 地下室から白骨死体で

© AP Photo / M. Spencer Green
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02

米東海岸ロングアイランドに住むマイク・キャロルさんは自宅の地下で50年以上も前に行方不明になった父親の白骨死体を発見した。ニューヨークポスト紙が報じた。

スプートニク日本

地元当局の情報によれば、白骨死体はDNA鑑定の結果、マイクさんの実父ジョージ・キャロルさんのものであることが判明した。ジョージさんは1961年、マイクさんがわずか8か月の時に行方不明になっていた。大人になったマイクさんは父親を探し当てることを決意し、超能力者のもとを訪ねた。

「超能力者は父は鈍器による打撃で死んだといいました。パイプに頭部をぶつけ、生きたまま死んだといったのです。」

ニューヨークポスト紙によると、警察の調べでマイクさんの父親は実際に頭部に鈍器による衝撃を受けて死亡したことが確認された。

現時点ではジョージさんの死亡は殺人事件として捜査が進められているものの、マイクさんは司法手続きでこれを解決することを望んでいない。

関連ニュース

子供を大量に生贄にした痕跡、ペルーで発見【写真】

原始人の歯から最も古い肝炎ウイルスが見つかる

タグ
警察, 事故, 事件, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント