23:03 2018年06月19日
子供を大量に生贄にした痕跡、ペルーで発見

子供を大量に生贄にした痕跡、ペルーで発見【写真】

© REUTERS / Douglas Juarez
文化
短縮 URL
105

考古学者らがペルー国内で、異教の儀式時に犠牲にされた子供56人の骨格を発見したと、ポータルサイト「Comercio」が伝えている。

スプートニク日本

同サイトの情報によると、埋葬地は5月初め、ペルーのラ・リベルタ県にあるトルヒーリョで見つかった。

  • 子供を大量に生贄にした痕跡、ペルーで発見
    子供を大量に生贄にした痕跡、ペルーで発見
    © REUTERS / Douglas Juarez
  • 子供を大量に生贄にした痕跡、ペルーで発見
    子供を大量に生贄にした痕跡、ペルーで発見
    © REUTERS / Douglas Juarez
  • 子供を大量に生贄にした痕跡、ペルーで発見
    子供を大量に生贄にした痕跡、ペルーで発見
    © REUTERS / Douglas Juarez
  • 子供を大量に生贄にした痕跡、ペルーで発見
    子供を大量に生贄にした痕跡、ペルーで発見
    © REUTERS / Douglas Juarez
1 / 4
© REUTERS / Douglas Juarez
子供を大量に生贄にした痕跡、ペルーで発見

人間の遺骨の他に、ラマの子供の骨格も見つかっている。

考古学者らの説明によれば、大量の生贄がなされたのは600年以上前。太平洋の一部の海面温度が摂氏0.5度という異常な上昇を見せるエルニーニョ現象を含む、破壊的な豪雨や洪水といった自然の大変動を予防するため、儀式の際に行われたという。

関連ニュース

数百の頭蓋骨からできたアステカ文明の塔が見つかるメキシコ

タグ
考古学, 文化, 歴史, ペルー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント