23:02 2020年06月03日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 15
でフォローする

24日にロシアのハバロフスク地方に墜落した第5世代戦闘機Su-57は、量産初号機だった。消息筋が通信社スプートニクに伝えた。

消息筋は「これは量産初号機で、12月27日に国防省に引き渡される計画だった」と語った。

先に、ロシアの統一航空機製造会社は、第5世代戦闘機Su-57がハバロフスク近郊に墜落、パイロットは生存していると発表した。同社によると、墜落原因の解明にあたる委員会が設置された。地上では犠牲者も出ておらず、破壊されたものもないという。


Su-57(PAK FA、T-50)は、ロシアの第5世代戦闘機。現在、同機のテストが続けられており、システムの機能やエンジンの動作モードのチェックなどが行われている。

ロシア国防省は、シリアで行われたSu-57のテストは成功したと繰り返し発表していた。

関連記事

タグ
ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント